Home

4F parallel フォース◇パラレル

20年という区切り

一都市

20〜15年前の米国地方都市

Thrift store y charity shop y recycle.

2nd 路上 とはうまくいったもので

現状のアメリカ都市部の

beacon y baffallo の仕組みと

先のthrift 等らの仕組みと構成と事業を

うまく日本で 融合した

郊外型 D to D 現状で

流通しており

1日に7〜8軒まわり 吟味する

そこには

自己編集 y 管理 の

インターネットの言う通りに

ドライブしてまわり

そこで出逢うは 20年前の客層が

個人趣味いや無人でかつ 探す趣味というより

自ずの価値との一致を

たのしめる自由は

日常にとりいれられた

この次は

つくりすぎず 使うヒトカラツクル

アートピースは店頭に

=つくれない ふるくならないコト物

customMADEを

消費価値に耐え得る 交換価値で とりおこない

先のアートピースは 格高に観えるが

もう作り得ない物と仕様しよう

まさか

Robots やsoltyな buyer に遭遇するも

もはや

20年前の賑やかの中の沈黙

をおもいだした

考えは巡る

巡るのだ

センスの先の風をよみ

うまく吹かれりゃ モノ売りだけじゃなし

見えるは 言葉ひとつに絞れぬ 雰囲気

そこに 在る源こそ

ふるくならない 一品ぞ

 

Kerala〜時々あらわれる 陰陽図式のモノモノコトごと 継ぐ意識と継続する意思 siri


プラスチックが未来感を感じる時

土と火と水できたものに 今や過去を感じるとき

 

プラスチックをリサイクルする前提以後の未来感

金で継いだりしてきた後先

どちらでなくても

口にすると わかる 口当り感

 

日常での旅 こそ 自由なのだ

スネモノ会員になりたいと 思い馳せるzine は過去と未来の接点 IMG_1100 在るものがどういつり変わろうがモノモノはあまりかわらない 印象がかわるのだ 見立てと 魅せ方

 

強いていうならば

水道水 と湧水 を

のんでみるといい

なにもここには ひとつだけではない

一括り程度なんだ

 

インドは気になる国色

日本の色に見出す 国際色

そういう繰り返されてる印象に

ふるくならないコトこそ あたらしき

 

小人 と 唐辛子

#小人

「見える」

とかいうものじゃなくて

「自分がやった記憶がまったくないのに

どう考えても自分が何かやったとしか

思えない結果がある」

という現象を喩えるならば

「靴屋の小人」

火薬一樽と50人和人娘が交換されてたの

 バーモント大学医科大学院の研究チーム

全米健康栄養調査を通じて

アメリカ人1万6000人以上を調べた結果

『唐辛子』を生活に取り入れることで

全体としての

死亡リスクが  13%低下すること

が分かったようです

油を通した唐辛子は効くのは 食べたくなる時に 燃やしたい何かを身体 内部で 感じた時に

よく2-4本たべてしまう

だから中華のこの手を食べていき ベストな

手前料理にインプットしておきたい候

覚go

img_0420

 

ナンにもアディクト

空気より 運動

空よりも海に

若くより 老いへ

古くから 新らしき

山よりの水も 酔脈なり

なにをすればいいか

みえないより みたくない 時もある

みたくなる気持が いきるしあわせだろうとも

ただひたすらに あたたかみをとり

意識をうしなおうとする意思を背くべき

も時間がないと おもう生活ではない

Life style をおもうこころは

稀な重なりの上で他者にみて 自身をたてるのではない

唯 唯一の我に至るのは みんな いつか いつでも知り得る

 

単純なのは そんなことでは この目の前社会をあるくこと

 

先を考えたら

どう妄想 想像 いや憶測 いや読むように考えても

結局どうにかなるわけでもない

打つ破りたいことは

只今なのだ

 

 

Home

category
archive
  • vieja online store

Return to page top