Home

4F parallel フォース◇パラレル

言葉は常に今の必然にとってうまれる

何処の国の何処の場所でも いつもの場所でも歩いていても街に出かけとして

見て感じていること 常である

「あそことあそこの店に必ず立ち寄る」といったことでもある

 

 

哲学似詳しい訳ではないが

イヴァン・イリイチという人は

「コンヴィヴィアル」

と言ったそうな

宴席という意味だそうだ

人間の楽しく豊かな生活は どこにあるのかと言えば

まさにコンヴィヴィアルさにあるのではないだろうかと

そしてそれは仲間と創造 共感諸々 するもの コト であったり

文化・社会において コンヴィヴィアルな 装置をつくることが 結果 事業と相成る

 

毎日の人間の営みはそういうものであって欲しいなぁ

コンヴィヴィアルな暮らしをつくること は やりがいのあること

その営みの始まりが

「自分がどう他と接するか」から始まるわけだ

そうなってくると やはり

修身斉家治国平天下」をみつけたのと繋がりまして

そういう意味では 儒学は正しいということになり

いつでも どこでも 己から始まるわけだ

あぁ 無常な日々に

今日は コンヴィヴィアル で或る

言葉は常に今の必然によりうまれる

昔から存在する

村落共同体や下町の共同体に 今から入っていくのは厳しいだろう

だからこそ 昔にあった 制度化された共同体をつくるのではなく

ある時は共同して

ある時は個人として

自由でいられるような 形態を目指す………

たとえたなら

ex) 雑誌/ZINE  みたいなのを出すことも 共同体をつくることおなじなのかもしれない

それならば どれででも 経験者もいれば未経験の若い人もいる

自発的に集まったり 会社組織と違い 年功序列に基づいた関係は必要ないと 腑に落ちた

ex) 雑誌/ZINE  を出したことがなくても 議論したり 付き合う上では平等でありえそうだ

そういう緩やかな場 をどういう  形でつくっていくか そういえば

この4Fparallel をつくる時は 一番最初にそれを考えていた 思い出した

そういう集まりが 生活上の結びつきになるとなおいい

 

逆からみて 考えている中での 備忘録 というのかな

 

言葉は常に今の必然にとって生まれる 〜フォアエキザンプル

言葉は常に今の必然にとって生まれる

ここらでひとまず 言葉とスタイルと情緒の違いをメディアにめせられる

the kyoto 感もふまえておく

自転車のライトもイマじゃ LEDでUSB充電となると環境でザインの

動けば光る自転車のライトでUSB充電パックが小型化してくれれば 自転車のアシストではなく

生活環境へのアシストへと マイルを貯めるようなもんでして #GREENMILE #グリーンマイル

となりえたら 動く事だけでも貢献出来る 休業はなく 引退のたとえとして

 

EX指定

 

だからこそ 政治家は 税金でいきているのではなく アメリカを代表とする国がメインの雇い主=大株主

five eyes

third party と見事な機密ピラミッド

資本主義の恩恵たる インターネットもその感じで網をはられているから

サードパーティの国達のなかの一国 日本 霊性部分では世界随一であろうが

先の戦争でできた ピラミッドの層の インヴァ運度 ベースの近頃のjapanは

専守防衛と安定供給の約束故に 税金をつくっていますがね

まだまだ模索は続きますが 時間差はさほどない 感じなのでしょう

alcaida @2004 日本仰山支払いまくり

ソレゆえに 凶暴剤y共謀罪 のお決まり範囲の理解は 過去とは先ず比較して見える部分で反対する パヨク 国立のかたと 国としてのpride y 愛国心 というと 右y悟空 とされるトコロはサードパーティの震度y深度y進度の位置 雪頭

bea摂るz になって 『collect it ALL』 という曲つくろうか TIMERS ばりに

 

幼少期の 情緒 こそ 国や民Space の DNA なのかもしれない

少年期 17歳 未成年 はとてつもなく 未来をつなげる ものだということだ

ペンタゴンより八卦用意 がいまらしい しかしいまとやくわりはかわらない

あくまで

情緒の変化のみをはなしている

それと ムシルシリョウシナy無印良品 をつくるために

#言葉は常に今の必然にとってうまれる とおっているニッポン 緑の月

ペンタトニック 5階音位の時代 1929辺りは 非常に 此の世代からすると 未来にも想える

一杯のビール だったけど 一杯の珈琲 にかえたんだと 字余り

 

言葉は常に今の必然にとって生まれる  #霊性 

宗教には 自身に馴染みは無い

岡潔 南方熊楠 鈴木大拙 岡倉天心 夏目漱石 等エトセトラ

氣になる人を時たまに追うコトの方が

腑に落ち 時にひらめきをくれる

自身が 研究者でもなんでもない気違いなもんで

鈴木大拙の思想をざくっと斜め読みしてみたものの備忘録とする

 

 

「宗教」の意味を考えることとは 「霊性」に同じことを試みるより ずっと重要の様な気がする

ざくっと #霊性 というと

中世あるいはそれ以降に用いられた「霊性」ではないらしく

哲学y芸術y科学y主観y客観 という言葉と同じように

明治以降で日本が他国との接近を迫られて以降の

『近代』に生まれた 百数十年の歴史をしか持たない 新しい概念だそうです

 

それに『 霊性は精神ではないだ』という

 

その霊性への覚醒 によって初めてわかるのが 「宗教」だと

鈴木大拙の眼目が 霊性ではなく宗教にあることは疑いをいれない

”To do good thing is my religion” =

『善いことを行う それが私の宗教である』

大拙がのこした英語の書の一句であり これぞ 彼の「宗教」の定義とされるのではないかとも

善い事〜道理にかなうことでありうつくしかったり と云う事だろうて

自然は 第二のこゝろ まで とらえて たゆたゆと流れた時間の御蔭で かすかながらに

自身の心にも THE NIPPON があることだろうと

 

何気ない当たり前の時間を過ごすというのは

人間として 個として 自覚がみえかくれする

即ち 善い事 好い事 良い事 には モノとしてあらわれる

NO SIGN GOOD THINGS

無印良品 そういえば ジョンズシャンハイ に行く時に みえていた 無印良品みたいなところは

意図とする 気持ちはおなじだという看板だ

あつめているものは

すなわち

無印にて良品とわかるもの

それをモ素材に仕立てて UPCYCLEを目指す事

 

こちらの気持ちはここにとどまる

#言葉は常にイマの必然にとって生まれる

#霊性

#viejajp

#viejojo

#kyoto

 

Home

category
archive
  • vieja online store

Return to page top