Home > 未分類 > 20年という区切り

20年という区切り

一都市

20〜15年前の米国地方都市

Thrift store y charity shop y recycle.

2nd 路上 とはうまくいったもので

現状のアメリカ都市部の

beacon y baffallo の仕組みと

先のthrift 等らの仕組みと構成と事業を

うまく日本で 融合した

郊外型 D to D 現状で

流通しており

1日に7〜8軒まわり 吟味する

そこには

自己編集 y 管理 の

インターネットの言う通りに

ドライブしてまわり

そこで出逢うは 20年前の客層が

個人趣味いや無人でかつ 探す趣味というより

自ずの価値との一致を

たのしめる自由は

日常にとりいれられた

この次は

つくりすぎず 使うヒトカラツクル

アートピースは店頭に

=つくれない ふるくならないコト物

customMADEを

消費価値に耐え得る 交換価値で とりおこない

先のアートピースは 格高に観えるが

もう作り得ない物と仕様しよう

まさか

Robots やsoltyな buyer に遭遇するも

もはや

20年前の賑やかの中の沈黙

をおもいだした

考えは巡る

巡るのだ

センスの先の風をよみ

うまく吹かれりゃ モノ売りだけじゃなし

見えるは 言葉ひとつに絞れぬ 雰囲気

そこに 在る源こそ

ふるくならない 一品ぞ

 

Comments:1

****** 17-04-02 (日) 1:45
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
Remember personal info

Home > 未分類 > 20年という区切り

category
archive
  • vieja online store

Return to page top