Home > 2012 S/S『T T D』

2012 S/S『T T D』 Archive

4F parallel フォース◇パラレル

毎に知

起きてからも

寝ているうちも

夢中のうちも

今までの

軌跡

全てに平等

であろうと

時計の時間

では

コトたりない

毎日を

巻き戻すのか

のこすのかの様に

4Fのスペースを

ツクル きっかけから

思い出す出来事が 今なお訪れます

なにか かみあっていた歯車が ある日突然 外れてしまったような 軌跡

なにか 未だ見ぬ あたらしい出会い が どこからか あらわれてくれるような 奇跡

そんな

世の変化に自分のイマとを照らしあわせて

こうあれば面白い いや ワクワクする

センサーを信じて いただいて

感じ 転換期として捉えれたのが

2013年末でした

そこから

2014年

11月

22土 23日 24(祝)月

をもちまして

4F parallel フォース◇パラレル

    閉店いたしました

4Fparallel

を創る

切っ掛けをいただいたのは

なによりも

フォース 以前に キヅイテいた

礎である

CAMBIO

rりん

通じて

京都 路上 で 出会う人たちとの

縁で

日常を彩る服を

独自に発信し創り

展示販売する

 非日常のスペースを目指してまいりました

 感謝が出来る 感動をみてみたい

その情熱のようなものが

直感にかわり

それをお客様の前で

独自に成る文脈で伝えていく

みつけ 出会うコトが モノをあたらしく創るコトを

4Fという場での

一旦の限り

おとづれたことにより

 離れたキッカケとなりました

ともかく

出会えた

4F parallelの歴代スタッフには いつも感謝しかありません

   眼前に現れる夢物語のような発想から

イマの服へとカタチにしてくれていた

制作に携わって頂いた 全ての皆に

単とした

  深い感謝 と ありがとう

これよりこちらのblogは

店舗の発信ではない

 vieja の 発信を

 させていただきます

時折の御暇に

ふと思い出した時に

また覗いて頂ければと

代表 日高大樹

vieja select 2012 S/S『T.T.D』……….No.29

今シーズン、特にハマってよく着ているアイテムです。
最後の一枚です。
“墨黒の美”
ヴィンテージ 1ポケ 無地T

 



 
今年、Tシャつのセレクトの中で特に多く集めた無地のポケT。中でも黒は色んなカラーのパンツに合わせ易く、とても落ち着いた雰囲気も作ります。古着の黒はすでに風合いがあり、黒というよりはグレーを感じさせる墨黒を連想します。さり気なさと風合いを感じさせるこの色のTシャツは僕もとても愛用しておりかなり使えるアイテムです。このTシャツは胸ポケットが不自然な正方形の様な四角に普通より大きめのサイズ、何かこの異様さがデザインの魅力になっているような気がします。沢山あった無地の黒ポケTも最後の一枚、是非気になる方はお勧めです。
Vintage plain 1 pocket T-shirt
size: M
color: BLK
¥ 3990 (tax in)
———————————————————————-
Impression

 

 
今日 SPACE MOUNTAIN に 行く時に着用するシャツが届きました。
…..まだサンプルですが。
ちょっと不思議な素材感と色をもったアイテムです
お楽しみに……後ほどです。

vieja select 2012 S/S『T.T.D』……….No.28





 
シルク素材で作られたフレンチカフスの長袖シャツになります。アンティーク物ならではの丈の長いドレスシャツ、コットン素材のカジュアルなテイストとはまた違いシルクならではの品のある光沢がドレッシーな雰囲気を作ります。素材もとても薄くとても着心地の良いアイテムです。

 
French cuffs collar-less L/S silk shirt
circa 1920’s
size: 15 1/2
¥ 9240 (tax in)
———————————————————————-
Impression

 

今日は不意にMoeちゃんが四階に現れました。

vieja 2012 S/S collection『T. T. D』……. 和 洋服

今日は朝からテンション高め。
なぜなら…..今年の春夏アイテムで秋へとシーズンが変わる時ぐらいまで楽しんで頂ける今季一番僕が楽しみに待っていた作品が届きました。
着心地、ヴィジュアルの意外性、京都から発信するという都らしい和感覚
をフォーカスしデザインしました。
どうぞご覧下さい。

 









 
和服と言えばまず着物を想像される方が大半だと思います。日常生活でのカラダの動き、身にまとうモノの素材感や空気感を考えたとこ和物の中で私たちは作務衣が頭に浮かびました。仕立てで使われるスナップの作りで前を止め、帯の代わりに毛足の長めのパイル地を使用したベルト付き。パイル帯は前で結んでも、後で結んでも独特の雰囲気を作り首元に付けてもパイル地のため着心地を害さないむしろ気持イイ。素材は速乾性の高い鹿の子生地を使用しており着心地はゆったりとしたポロシャツ。見た目と着心地にギャップのある面白い実用的なアイテムに仕上がりました。男女共に着用可能です。是非袖をとおしてみて下さい。

 
僕はとりあえずこれを着てゆっくり鴨川を散歩するのが楽しみです。
後ほど。

ホーム > 2012 S/S『T T D』

category
archive
  • vieja online store

Return to page top