Home > Arabesque

Arabesque Archive

言葉は常に今の必然にとって生まれる

 

https://togetter.com/li/1116892

さよならの向こう側 を

閉会式で聴きたいし

平成もあと1年半で

新年号が 平成ヒト世代の次は

安 がつくところから 天地が 転がる

AIをプログラミング出来るようなスキルが

時間を創ることになるにすぎる

ということは 仕組みを創ることに尽きる

 

 

IMG_1691 IMG_1698 5AE519AA-FE4B-4C3B-A248-A5D5BDE6EDEF-L0-001 IMG_1712 IMG_1811 IMG_1834 IMG_1835

それから ともなう 循環TheWorld

『氣』

というのを

『みえない力の分子の集まり』

として

みている か

みていない のか

——————————–

みない  のか

みえないか

『    『氣』    』

は流れると

いうもので

『 SPACE  IS  PLACE. 』

という

始まりで

循環たる自然摂理を

『カオル』

とこまで

往っちまうと

『還る』

は鳴き、うまれるまでを

『音』

デ知る

『『『水無月』』』

そんな季節だったと

教えて頂いた

入梅での

先日の話。

川に足をつけ

いつも始めにうけとれる

たゆたゆ ながれ

 に順じて

日曜JORNEY で出会った 鹿は

川を上っていきました

自然とは

みえているすべてであり

そのような境界線はどこにもないな

原因を考えつくのが

想像と訳す

イマジネーションたる一分

誰もが自由に平等にある然り

そんな

   言葉  でノ  境界

なんぞ 元々もとない

『イキテク 力』

みえたりする

色気

なんだと

~Mr.Abstract

が申しておりました。

何を企てても

何をしていても

誰のためでも

誰かのためでも

ない

わくわく                   は

一氣 一憂う、

『見方の力』

なのだと

夏至

まで

の旅は

用意を始めていきます

それはまだ先のお話

ホーム > Arabesque

category
archive
  • vieja online store

Return to page top