言葉は常に今の必然にとってうまれる

何処の国の何処の場所でも

いつもの場所でも

街に出かけとして

見て感じていること 常である

「あそことあそこの店に必ず立ち寄る」

といったことでもある

 

 

哲学似詳しい訳ではないが

イヴァン・イリイチという人は

「コンヴィヴィアル」

と言ったそうな

宴席という意味だそうだ

人間の楽しく豊かな生活は どこにあるのかと言えば

まさにコンヴィヴィアルさにあるのではないだろうかと

そしてそれは仲間と創造 共感諸々 するもの コト であったり

文化・社会において コンヴィヴィアルな 装置をつくることが 結果 事業と相成る

 

毎日の人間の営みはそういうものであって欲しいなぁ

コンヴィヴィアルな暮らしをつくること は やりがいのあること

その営みの始まりが

「自分がどう他と接するか」から始まるわけだ

そうなってくると やはり

修身斉家治国平天下」をみつけたのと繋がりまして

そういう意味では 儒学は正しいということになり

いつでも どこでも 己から始まるわけだ

あぁ 無常な日々に

今日は コンヴィヴィアル で或る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です