vieja 2012 S/S collection 始動。

戦後ニューヨークのアンダーグラウンドシーンに生きた若者たちが生んだBeatnik(ビートニック)カルチャー。戦後の暗い世の中に活力を注ぎ込む様ため小説家や化学者たちが新たな思想や数々の物質をつくる。

 
60年代に入りそのムーブメントは多くの若者たちを感化させ後のフラワームーブメントの火種へと継げる。
人々は伝統や制度などの縛られた社会制度を否定し
愛、平和、自由
を主張し、より芸術に目を向け自然と調和をするなど人間の本質を見定めた。
それは独立的な精神を生み、活力を作り、より強く生きていく為の新たな価値感を生んだ。
すべてはオリジナルになるために。

 
当時よく使われたキャッチフレーズがありました。
愛や平和、自由を唱えた上で
未来をどう生き、世界をどう支えるかを自身で気付く為に
新しい世代を生きる若者たちに向けて作られたモノ。
それは本来正しいとされた社会に疑問を持ち、自ら社会を外れ己の道を歩むとても革命的な思考へと導きました。

 

この時代背景から見えたニュージェネレーションの心を動かしたフレーズにインスパイヤされ
今回のコンセプトとして始動致します。

vieja  2012 s/s collection 『T-T-D』
Turn on, Tune in, Drop out
という独立心や革命的思考を作る為にある三段階の意識過程を表しております。
今回新しいデザインを展開していく上でこの3段階に分けた表現をキーワードとして
みなさんに楽しんでいただきたいと思います。

 
そんな中、
新たなエピソードが本格的に始動する前に、このコンセプトを元に
2/9 – 22 の2週間
NYとLAに 買い付けに行って参ります。

 
4F parallel営業のお知らせ
2/8 – 2/23     CLOSE
2/24 OPEN
となります。
何か御用がある方はこちらの方にご連絡ください。
info@vieja.jp

「vieja 2012 S/S collection 始動。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です