vieja 2012 S/S collection『T. T. D』……. Cyberpunk Final morph

この世界はこのままどのように進み変化しつづけるのか…はたまた何かのカタチである一つの終末を迎えるのか誰しも予想出来ません。それは未来という時間軸に居るものだけが知っておりそれをコントロールする事は今できないと思います。ただ、未来のために今何かをする事は未来の出来事に繋がり何かのカタチで結果を作ると思います。時間という概念が生まれた時から人間は何かを残すという事を同時に感じたと思います。
伝承、伝達、伝統、伝播、伝授
意思を次へ受け継ぐ事で新たな時代に深みを与え肥やしとなる。それが持続すると過去にあったヴィジョンがカタチとなる。
今、未来を考える事より自身が未来という世界に実際居るのかなと感じる事がよくあります。
それは様々な環境と状況がそうさせるモノかもしれません。
いつの時代もそれぞれの世代が抱くヴィジョンにリンクしてすべての事が
発信、表現
されていると思います。
今回、製作したこの作品は今思う様々な思いと考えを私たちなりにカタチにしたモノであります。長い時間を経てできる風化は生々しくリアルを感じさせそれをまたモダンなイメージとしててとらえ加工表現しました。色彩はとてもきめ細かく一粒一粒の点で出来上がる様な
斑=模様
があり体中の細胞をめぐる感染形態を表現致しました。
ではご覧下さい。









vieja 2012 S/S collection 『 T.T.D 』
Cyberpunk
感染レベル 3     完全態
2.p.c (Jacket + イス型立体物)
¥ 40000 (tax in)

 
2度にわたる実験により作られた感染源、それを元に人類は新たな世界に行く為、最終形態を作り新たな目的地を目指すため旅支度を始めた。
この最終形態は何の意味を示すのか?
何かを先の者に伝えるための何かか….
もしくは保持する為か….
それはこれを持つ者のみが知る。
今はまだ未開の地
しかし、この先にたどり着く者こそが知る新たな世界は
希望と夢
に満ちあふれている。
結果を待つのではなく自らのカラダを動かし体感する事に意味があり、それで得るモノは何よりも深くカラダに刻まれる。意識を無意識にできる事ですべての苦とするモノは妨げにならず
調和、順応
としてかわり持続できる。長くて険しい旅になるがそれをする事で得れるモノは何よりもでかい。そろそろ新たな旅に向かいます。
目的地: SPACE MOUNTAIN

 
vieja
2012-13  A/W  collection
「SPACE MOUNTAIN」

「vieja 2012 S/S collection『T. T. D』……. Cyberpunk Final morph」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です