今年の冬も。

 
寒さがドンドン本格的になってきました。

 
体調を崩さないように、外に出かける時は安心した温かさと体に負担がこない適度な軽さのアウターがとても使えます。

 
今日、ここ四階と店舗 r-りん にあるモノが届きました。

 
今年もやります。

 



 

 
毎シーズン冬の定番アイテムとして製作している “Kafka coat”、
今年もまた新しい カシミヤ、アンゴラ、ウール の素材を集めてきました。
今年は一見無地に見えるようなヘリンボーンのカシミヤ素材や少し変わった大柄のアンゴラ素材などとても上品でユニークな生地を集めてきております。
受注オーダーは、店舗r-リン でも承っております。
限られた素材しかないためなくなった素材でのオーダーはできません、素材選びから早いモノ勝ちになっていますので興味のある方は是非お早めに。
オーダーより2週間後あたりに納品できます、完成次第ご連絡致します。
生地の組み合わせは特にパターンはないので完全な自分だけのお好みの一着を作る事ができます。

 



 
こちら今年集めた新しい生地で作った Kafka coat になります。
僕も今年もかなりヘビーローテーションで使っています。
自転車に乗る時や街使用としてもとても便利なコートです。

 
受注オーダー
Kafka coat   ¥ 44100 (tax in)

貴重な情報いっぱい 

私たち “vieja” は様々な人達との交わりから発生するクリエーションを元に
それを追求し、実感し、具現化して
自分たちなりのファッション提案をしております。
それぞれ人の好みや感覚はバラバラで、様々な形でファッションという事の価値観はあると思います。
僕はただいかに自分の面白いポイントが強くどこかにあるかなような気がします。
ヴィンテージのディテールや歴史などの奥行きを知る事で時代背景から感じるカルチャーを通してのファッション。
そのモノに対しての情報や背景はいらず、ただそのモノから感じるカタチや色などの存在から面白みを感じるファッション。
私たちvieja のチームメンバーそれぞれに共通して見えるのは
“雑種”
自分の観点から見たただ面白いポイントだけでファッションを楽しんでいた集まりです。
今日はその今までに集めてきた資料たちを四階に店出ししたので、ご紹介致します。
久しぶりに見たらとても懐かしいモノもあります。

 








1996年〜2000年、東京とサンフランシスコをベースに二カ国語で展開されるテクノ+カルチャー誌 “ZAVTONE(光琳社/ZAVTONE U.S.A” 創刊。今回僕たちが特に持っているのは90’sと00’sのファッションとクラブカルチャーの結びつきを感じるZAVTONEがよく見られます。
今のインターネットですらなかなか目にしない興味深い内容も記されております。
また様々なヴィジュアルアーティストたちがアートワークをやっている事で見てても楽しめる内容です。
何かのソースや部屋でのんびり見るのにとても最適な雑誌です。
一冊 ¥ 1575 (tax in)

 







2002年〜2004年辺りの “流行通信” になります。
全体的に目立って取り上げられてた事に「スポーツとモードの関係性」についてよく目にしました。
今ではこんだけ続いてあるファッションのテイストが続いている事にとても興味深く思いました。
中にはスポーツとモードの関係性から音楽へのリンク深く書かれてあります。
特にテクノなどのクラブ+レイヴムーブメントからくるサイバースタイルをよく見ました。
雑誌の写真とアイテムの見せ方がとても新鮮で面白いです。
懐かしいと思う方、もしくは新鮮に感じる方どちらもいると思います。
一冊 ¥ 1575 (tax in)

 









5~6年前の “HUGE” になります。とてもフル回転で動く今のファッションシーン、この5~6年前にちょっと前のスタイルも今改めて見返すとおもしろいです。
今感じる新鮮なテイストのヒントがイッパイ隠されている様な。
以外と面白いです。
一冊 ¥ 525 (tax in)

is-ness 2012-13 A/W MUDMEN ………… 前開きフーディー

is-ness から 新作 ト ド キ マ シ タ。

 
イズネスならではのユニークなデザインです。

 
どうぞ、ご覧下さい。

 
「 TUBUAN FULL ZIP PARKA 」

 
col. GRY




 
col. BLK



 
肉厚のヴィンテージ スウェットパーカーを感じさせる今季のパーカー。以前紹介した”LEVA PULLOVER”と同様の素材を使われた前開きジップパーカーになります。しっかりとした肉厚のスウェット素材が耐久性の安心感とホッコリとした温かさを着用感に与えます。
一見シンプルなデザインのパーカーですが、アクセントの様になった沢山のフードコードのディテールがちょっとエキセントリックなイメージを作り全体にインパクトを与えます。
ダブルジップを使い上下を開けカーディガンを羽織ってるようなスタイルをつくるのも面白いと思います。毎回思うのがis-nessのアイテムは服好きの方には特に楽しんで頂けるのを実感します。なぜなら一つ一つのディテールが着こなしの方の自由を与え色んなスタイルで合わせる事が出来るから。アナタ好みの着こなしで試してみてはいかがでしょうか?

 
is-ness  2012-13 A/W collection 「MUDMEN」
TUBUAN FULL ZIP PARKA
size: 38, 40  (GRYは38のみ)
stock: 今回四階では GRY(38)×1, BLK(38)×2, BLK(40)×1 入荷です。
material: 100% cotton
¥ 23100 (tax in)

vieja outfit

空気がひんやり冬の気配が感じたと思いきや、昼間はやっぱりポカポカあったかいです。
夜になるとぐんと気温が低くなり昼間のかっこでは寒く感じる。
一日を通して着るものに困ります…カバンには常時is-nessのナイロンパーカーを入れてあります。こんな時は持ち運び便利な保温をしっかりしてくれるモノに限ります。
今日は気温の事を考えながらマネキンを前に4Fにあるアイテムで3つのOUTFITを作ってみました。

vieja outfit

 
style A

 
style B

 
style C

 
あなたのお好みは?…..是非、4階に御試着にどうぞ。

 

昨日嬉しい写真が届きました。
遠くはなれたドイツから4F parallelのブログをみて京都に着てくれたある方からの写真でした。現在、ドイツにて音楽の勉強をされてる彼女はブログで公開した”KAFKA coat”をみて4階に見に来てくれました。ドイツは寒くなるのでこのカシミヤのコートは丁度よくとても気に入ってもらえました。またドイツに帰られた後まだカシミヤは若干暑く外では着れないけど室内でついつい着てしまうそうです。とても嬉しい事です。去年も一着このコートをドイツ人の方に購入してもらいました。ドイツに二人だけKAFKA coatを着てる方がいる….何かにやけます。

 
明日、新たな作品のサンプルが届くと連絡がありました。
楽しみです……では後ほど